\ 乙 女 記 録 /

忘れっぽいので乙女ゲームの感想を書いてます。

蝶々事件ラブソディック《初回プレイ感想》

スポンサーリンク

私が初回プレイ感想を書くという事は…すごく面白かったか、または…?

今回はフルコンプできるか不安なので、忘れないうちにサッと初回プレイ感想を~。

 

ささっと、感想

まずプレイ開始してすぐ思ったのが、フォントの読みづらさ…。

というのも、蝶々事件の前に嘘月シャングリラをプレイしていたので、そのせいもあるな~!

蝶々事件の雰囲気にあったフォントだとは思うんだけど、目で見て頭からすり抜けてく(笑)

 

プレイ時間も長くなくて、かなりあっさり終わる。

内容的には、ちょっとニルアドが頭をチラチラチラチラしてました…。

 

システム面で気になったことは特になく、攻略も簡単でプレイしやすい。

あとは、攻略制限がすごい…。ガッチガチのガチガチに制限!!!

私は乙女ゲームをプレイするときに、気になるキャラからやってモチベーションを上げるタイプなので、今回はそれができず…。

攻略制限があるということは、徐々に真相が明かされていく…即ネタバレにならないためにも、攻略制限って大事だと思うけど…やっぱり最初は気になるキャラからやりたかった!

 

そんなことを言ってもしょうがないので、最初は遙からプレイしました~。

 

もう。何て言っていいか…。遙様、マジ女子!

村瀬さんの女声すごいなって思うし、男声もイケメンだなって思うけど…。

遙お姉さまのターンが多くて、これ乙女ゲーだっけ?!百合ですか??って10回くらい思った。

男声はもちろんイケメンだったけど、女性声優さんがな男の子を演じるみたいな…

今後、村瀬さんの起用が多くなったら、私は攻略キャラを男の人として見れないかもしれない(笑)

 

ではでは、次の更新がフルコンプ記事であるように…!!

 

 

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村